お母さん

よく見られる子どもの症状

ちょっと、ひとこと。。。。
かかりつけのお医者さんをつくりましょう。時間外の救急診療室には相談できるかかりつけ医のない方がほとんどです。日頃から、患者と医師との良好な信頼関係を築くように、「思いやり」、「感謝」の気持ちでお付き合いしてみてください。そうすれば、あなたのお子さんが成人になっても、かかりつけ医は信頼に応えてくれるでしょう。

 かかりつけの医師(病院)と患者さんの信頼関係は親しい仲にも礼儀ありで、お互いの立場を思いやりながらの付き合いが人間として最も大切です。家庭医は小児科専門医が望ましいですが、内科・小児科でも地理的に近く、お互いの気持ちが通じるところがあれば、かかりつけ医にふさわしいドクターと思います。

 もし、お子さんが特殊な病気にかかられた場合、専門の小児科医や適切な治療の出来る病院に紹介してくれます。ぜひ、自分にあったかかりつけの医療機関を見つけてください。