2015.12
〜〜 早めにインフルエンザ対策を (厚労省発)〜〜
インフルエンザの感染力は非常に強く、日本では毎年約1000万人、約10人に1人が感染しています。インフルエンザから、皆さん、一人ひとりを守るためには、まず、インフルエンザそのものを良く知ることが必要です。
こちらをご覧ください。
<「平成27年度 今冬のインフルエンザ総合対策」ホームページ>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/influenza/index.html
<啓発ツール>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/keihatu.html
<厚生労働省Twitter>
https://twitter.com/MHLWitter

〜〜〜年末年始に海外へ旅行される方向けの感染症情報〜〜〜

  海外には、日本での発生がない、動物や蚊・ダニなどが媒介する
感染症が流行している地域も多く、注意が必要です。
海外で感染症にかからないようにするためには、感染症に対する正
しい知識と予防方法を身につけることが重要です。
http://goo.gl/hf9Cck (厚労省お知らせ)


2015.04.28
  ゴールデンウィークに海外へ旅行される方向けの感染症情報
(2015年4月20日)感染症エクスプレス@厚労省

 海外には、日本国内にない感染症もあります。
厚生労働省では、ホームページを通じて、海外に旅行される方へ、感染症を防ぐための情報を提供しています。

 医療機関の皆様におかれましても、注意喚起への御協力をお願いします。

<厚生労働省:ゴールデンウィークにおける海外での感染症予防について>
⇒⇒ http://goo.gl/Eqxxq9
-----------------------------
<リンク集>アレルギー科⇒new link


2015.02
感染症発生動向調査(国立感染症研究所)によると、2015年第4週(1月19日〜1月25日)はインフルエンザの定点当たり報告数は3週連続で増加し、過去5年間の同時期と比較してやや多くなっています。
 その他、咽頭結膜熱、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎、感染性胃腸炎、水痘、手足口病の定点当たり報告数と、RSウイルス感染症の報告数が増加しました。
 



 前ページ TOPページ 次ページ