★感染性胃腸炎の流行状況(@厚労省発)2016.12
本シーズンの感染症発生動向調査における感染性胃腸炎患者の定点医療機関当たり報告数は、第49週(12月5日〜11日)に19.45となり、直近5年間で最も流行した平成24年のピーク時に迫る水準となっています。
 また、一部の自治体で検出されたウイルス型の多くは過去に流行したGU.2の変異株であることが判明しており、現在市中で使用されているノロウイルス迅速診断検査キット(イムノクロマト法を用いたキット)では、他の株より更に感度が低い可能性のあることも指摘されています。
 このため、ノロウイルスによる感染の疑いがある場合は、検査結果に関わらず感染防止対策等に努めていただきますようお願い致します。

<事務連絡:感染性胃腸炎の流行状況を踏まえたノロウイルスの一層の感染予防対策の啓発について>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/dl/161222-01.pdf
・・・予防のための動画などもあり、参照ください。・・・


◆夏休みも、蚊にご用心 (厚労省発)201607

 これから夏季休暇の時期を迎えるに当たり、多くの方が海外へ渡航さ
れます。
 
 マラリア、デング熱、チクングニア熱、ジカウイルス感染症など、蚊
を媒介した感染症が世界的に多く報告されており、注意が必要です。
渡航先での心がけによって、感染するリスクを抑えることができます。
 
 まず、蚊に刺されることなどによる感染症を防止することが大切です。
そのために、野外活動の際には、長袖・長ズボンを着用する、素足での
サンダル履きなどは避ける、虫除け剤を使用するようにしましょう。
 
 渡航先において医療機関を受診するなど体調に不安がある場合や、帰
国時に発熱など体調の異状がある場合には、空港などの検疫所に相談し
てください。
 また、帰国後に体調の異状が生じた場合は、速やかに医療機関を受診
しましょう。

 海外滞在中に感染症にかかることなく、安全で快適に旅行し、帰国す
ることができるように、渡航先の感染症には気を付けましょう。

 医療機関の皆様におかれましても、注意喚起のご協力をお願いします。


2016.04
感染症情報が新しくなりました。(厚労省)

インフルエンザ(総合ページ)2016.4.7
http://goo.gl/83TX6y

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン) 2016.04.01
http://goo.gl/WTKbsK

麻しん・風しん 2016.4.1 http://goo.gl/UNzEYv

性感染症 2015.4.1 http://goo.gl/JpLmzn

狂犬病 2016.4.1 http://goo.gl/ajqCzp

オリンピック・パラリンピックでブラジルへ渡航される方へ(黄熱予防接種の必要性の確認を!)
http://goo.gl/rbHVDS

海外渡航者のための感染情報-海外で健康に過ごすために-
http://www.forth.go.jp/




 前ページ TOPページ 次ページ