ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

嫁のヒステリー症状は病気によるものでしょうか・・。

現在、息子一家(孫は4歳の双児)と同居して4年になります。嫁の孫に対する過剰なまでのヒステリーに悩んでいます。一度怒りだすと止まらなくなるようです。嫁は「バセドー病」。ヒステリーが症状?と聞きますが…。私としては孫たちがかわいそうでなりません。何か対応策はないものでしょうか。(TU 65歳)

症状の一つなら適切な治療で治ります。怒りだすと止まらないのは性格的なものでは?

バセドー病は、甲状腺(せん)機能亢(こう)進症の代表的な病気。甲状腺ホルモンの過剰な分泌により新陳代謝が亢進し、その結果いろいろな症状が見られます。

 例えば、眼球の突出、手指の震え、甲状腺の肥大とともに暑さを感じやすくなって脈が増加し、心臓がドキドキする、食欲が増えてよく食べるがやせる、脱力感がある−などです。また、紳経質になり、落ち着きもなくなります。いらだちや怒りやすくなることも。
 しかし、これらの症状は適切な治療で治るので、ご質問のように一度怒り出すと止まらないというのは、むしろ性格的なものかもしれません。

 一般的に、子供の最初の愛情の対象は母親であることが多いもの。つまり、母親の健全な愛情で育つか否かは、その子供の将来の人間関係や能力の発達に影響を及ぽすといえます。 ですから、お嫁さんのパセドー病治療の担当医に、精神療法や治療の必要性があるかも含め、相談されてみてはいかがですか。