ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

けいれんが起きた時の対処法を教えて。

先日、1歳の息子が高熱を出し、その際けいれんを起こしました。あわてている間にすぐ治まりましたが、今度けいれんが起きた場合にどう対処すればよいのかが心配です。 (KO 28歳)

顔を横向きに寝かせ落ち着いたら受診を。

熱が出た時に起こるけいれんを「熱性けいれん」と言います。感染症など、例えばかぜ、はしか、インフルエンザなどで熱が上がりかけた時によく起こります。
 生後6か月から5歳までの間に起こりやす<、一生に一度だけの子もいれば、2度以上起きる子もいます。

 また、遺伝性についてはっきりしたことは解っていませんが、両親のどちらかに熱性けいれんの既往があることが多いといわれています。
発作が起きると、体を突っ張らせる、意識を失う、手足をピクピクとふるわせる、眼球が上を向いて白目になるなどの症状があります。この間、親にとっては長く感じるものですが、実際は1〜5分ぐらいで治まります。
 このような型が典型的な熱性けいれんで、一般に「単純型熱性けいれん」と呼ばれます。ご質問の場合もこれにあてはまるかと思います。

 これに対して、けいれんの時間が20分以上と長かったり、一度起こった後、24時間以内にまたけいれんを起こす場合は「複合型」と呼び、将来てんかんに移行する事もあり得ます。

 けいれんが起きたら、赤ちゃんの顔を横向きにして寝かせ様子を見ます。これは、吐いた物が気道に入らないようにするためです。よく、口に割りばしやタオルをつめる人がいますが、赤ちゃんが舌をかむことはないのでお勧めしません。
 その後、様子が落ち著いたら病院へ行きます(ただし、発作の時間が20分以上の場合は途中でも受診を)。 なお、2度以上発作が起こる人に対しては、抗けいれん剤の座薬がありますので、医師に処方してもらうとよいでしょう。