ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

離乳を始めたら、母乳をほとんど飲まなくなったのですが・・・。

生後7か月の女の子で、母乳で育てています。5か月から離乳食を始めましたが、よく食べる代わりにおっぱいをほとんど飲みません。時期的には早いのですが、離乳食中心の食生活に移行しても大丈夫ですか。(SN 24歳)

もう固形食を欲しがる時期になったのでしょう。離乳食中心の食生活に移行してもOKです。

周知の通り、「離乳」とは乳汁による栄養から固形食による幼児食に移行する過程。乳児はある程度の月齢に達すると、乳汁、あるいは流動食にあきたらず、固形食を欲するようになり、また食べ物に対する好みも変わります。そこで、いろいろな食品を乳児の消化吸収に適するように調理して与えるのが離乳食。 

一般に、わが国で行われている離乳食の進め方は、離乳準備期を過ぎて生後5か月ごろからを1回食の時期、6〜8か月ごろを2回食の時期、9〜10か月ごろを3回食の時期、そして12か月を離乳完了の時期−としています。
この方法に従って離乳を進めている人が最も多いので、質問のような疑問をもたれるのも無理ないと思います。
 しかし、離乳の進め方は個人によってさまざまのはずで、前述の方法が常に正しいとは限りません。実際には、離乳完了が11か月以前の例もあれば、1歳2か月の場合も。

 また、アメリカの小児科医イリングワースは「正常児」という著書の中で、「離乳は原則として8〜9か月までに終了する」、つまり8か月を過ぎたらいつ断乳してもよいといっています。ただし、「1歳までは離乳食以外に母乳(人工乳)を飲んでいても問題はない」とも述べています。

このように離乳の方法は、その国の伝統的な離乳法、栄養学的な考え方、食文化とも関連して、少しずつ違うのです。質問の例も、赤ちゃんがもう固形食を欲する時期になり、味の好みも変わってきているのでしょう。栄養のバランスを考えて、離乳食中心の食生活に移行しても差し支えないと思います。