ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

みずいぼは放っておいても大丈夫?

1歳3か月の男の子です。3か月前に背中にみずいぼが12個できました。お医者さんは「様子をみて」とのことでしたが今では約20個に増えており心配です。また人に感染するとも聞きました。このまま放っておいてもよいのでしょうか。
(Y.K 34歳)

感染する前に取った方が良いという考え方も。

みずいぼ(伝染性軟属腫)は幼児期および小児期によく見られる皮膚の病気の一つです。皮膚が、アトピー性皮膚炎などで病的状態だったり、ひっかいて傷ついている時には、伝染性軟属腫ウイルスが表皮で増えていきます。よくできる場所は胸腹背中や手足また脇(わき)の内側のように 皮膚と皮膚がすれ合う場所はみずいぼが多発する傾向があります。

 ご心配のの件ですが一。人から人へと直接感染したり自分でも、みずいぼをひっかくなどするとほかの部位に感染します。またタオルを共用したり、夏のプールでビート板を介して、間接的に人に感染することもあるので、注意が必要です。
 自然治癒することも多いので、様子を見る場合もありますが、治癒するまでに数か月〜3年以上かかることも。その間に、感染してみずいぼが拡大したり、他人にうつったりする機会も多くなるため、早く冶療をした方がよいという考え方もあります。
 治療法は、やや痛みを伴いますが、みずいぼを1つずつ、ピンセットで摘み取ります。その後、抗生物質の軟こうを塗って、細菌の二次感染を防ぎます。