ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

禁煙するためにもタバコの害について教えてください

私は現在妊娠7カ月。妊娠が分かってタバコをやめましたが、最近また少し吸うようになりました。禁煙するためにも、喫煙が与える害について教えてください。(R.K 21歳)

1番問題なのは、乳幼児突然死症候群の発症率高くなること。タバコはやめるのが最良

妊婦が喫煙家だと、喫煙していない人に比べて、胎盤剥離(はくり)や破水の遅延、妊娠中の出血、早産などを起しやすいことが知られています。
また、タバコに含まれている成分の影響で、胎児に届<酸素の量が減少し、発育に悪い影響を与えます。
そのため、出生時の体重の低下や死産率、新生児死亡率が高くなります。

出産後は、母親本人のみならず、赤ちゃんも呼吸器感染症や、中耳炎の発生率が高くなるほか、乳児の体重増加も悪くなります。

一番問題なのは、乳幼児突然死症候群の頻度が高いことです。
これは、それまで元気だった乳幼児が、事故や窒息でなく、眠っている間に突然死亡してしまう状態で1年に500〜600人の乳幼児が亡くなっています。(赤ちゃんの2000人に1人の割合)。
生後1〜4カ月の乳児が最も多く、ほとんどが1歳末満というのも特徴です。
喫煙が発症の危険因子の一つであることは確かで、両親とも喫煙家の場合とそうでない場合とを比べると4.7倍も発症の危険率が高くなっています(平成9年度全国調査)。 

このように、妊婦や乳児にとって喫煙は「百害あって−利なし」。やめるのが最良でしょう。