ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

生後1か月ごろからへそが膨らんでボール状に・・・

生後2か月の男の子です。1か月を過ぎたころからおへそがみるみる大きくなり、3センチぐらいの出へそ(ボール状)になってしまいました。小児科の先生は、そのうち治ると言われますが心配です。(E・A 27歳)

臍ヘルニア(=脱腸)です。特別な治療をしなくても自然に治ります

へその緒がとれると、自然に閉じてへこみます。しかし、時にへその輪が閉じずに、そこから腸が出たり入ったりすることがあり、これを「臍(さい)ヘルニア(=脱腸)」と呼びます。この時、へその部分の皮膚が膨らんでボール状になることがあります。 

臍ヘルニアの状態がはっきりするのは、生後2〜3週間のころが多く、特に泣いたり咳をするなど、腹庄が高くなると大きくへそが膨らみます。この部分を押した時に出るグルグルという音は、腸の内容物を押した時に出る音です。 

治療法として、昔は膨らんだへそを絆創膏(ばんそうこう)で圧迫したりすることもありましたが、現在は行いません。かかりつけの小児科医が言われたように、特別な治療をしなくても1歳までに95%が治り、遅くとも2歳までには完治するものです。 
しかし、2歳を過ぎても治らない場合や、へその輪の直径が極端に大きい場合には、小児外科で手術を行うことも。自然に治った後、へその部分の皮膚がたるんで形が悪くなった場合には、形成外科で形を整える手術をすることもあります。