ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

舌が白いのが気になります

生後2か月の男の子。舌が白いのと、頬(ほお)の内側や歯ぐきなどに小さい粒があるのが気になります。痛がる様子はないのですが、何か病気でしょうか。 (K.A 22歳)

カビの一種、カンジダの感染によっておこる病気です。乳首やほ乳ビンを清潔に

質問のように、赤ちゃんの口の中の頬の粘膜や舌、歯ぐき、くちびるの裏などに、白い乳かすのようなものができることがあります。乳かすなら、ガーゼや綿棒でふくと簡単にとれますが、この場合はなかなかとれません。
これは鷲口瘡〈がこうそう)という病気で、カビの一種である、カンジタ・アルビカンスの感染によって起こるものです。お母さんの産道にカンジタがいて、出産時に感染したり、消毒の不十分なほ乳ビンや母親の乳首から感染することもあります。 

この病気は、微生物に対する抵抗力が弱い、月齢の低い赤ちゃんによくみられ、生後6カ月以降はほとんど起こりません。一般的に、口内灸と違って痛みはありませんが、カンジタ感染がひどくなると痛んだり、食欲不振になることも。

治療法は、カンジタを退治する液(ピオクタニン)を塗布すれば、数日中に治まります。
しかし、口の中が紫色になるので、よだれなどで口外に流れて衣服に付くと、なかなかとれないので注意が必要です。 症状がひどい場合は、内服薬の使用もありますが、予防が大事です。

予防法は、母親の乳首を清潔にする、ほ乳ビンを煮沸消毒することが第一。また、母乳またはミルクを飲んだ後に、15〜20∝の湯冷ましを飲ませると、乳かすを洗い流すことでも菌の増殖を防げます。