ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

蚊に刺されるとハレて硬くなります。

1歳8か月の男の子です。蚊に刺されるとハレがひどく硬くなります。
2週間ほど治らず、時にはウミが出ていることも。体質的なものでしょうか。(T.O 26歳)

年齢に応じて皮膚反応の段階があり、大きくなるにつれ症状は出にくくなります。

蚊に血を吸われると、蚊のだ液から、たん白毒素やアミン類などが注入されます。
蚊に刺されても、生後間もない赤ちゃんはあまり反応ができません。
しかし、何回か刺されるうちに、刺された局所にアレルギー反応が起こるようになります。
蚊から注入されたたん白毒素などが抗原となり、体の中にそれに反応する抗体ができて、病的な反応を示すようになります。

刺されたあとの皮膚の反応は年齢に応じて段階があり、症状の出方も変わります。
蚊に刺されてすぐに反応が出るのが「即時型」。比較的時間がたってから現れるのが「遅延型」と呼ばれます。

皮膚への反応は、乳児から成人まで5段階に区分できます。
第1段階(乳児)では、即時型も遅延型もみられません。第2段階では遅延型のみがみられます。
第3段階で即時型と遅延型の両方がみられ、第4段階では即時か頼みがみられます。
そして、第5段階(成人)で即時型、遅延型共にみられなくなります。
もちろん個人差があるため、各段階が何歳ごろという特定はできませんが、質問の例は、最も症状の強い第3段階と思われます。

治療法は医師の指示に従って抗ヒスタミン軟膏やステロイド軟膏の塗布、さらに抗ヒスタミン剤の内服が行われます。
アメリカの文献によると、ビタミンB1を含む食べ物ー例えば麦、玄米、レバー、豚肉ーを食べると虫に刺されにくくなり、ビタミンB1の内服も効果的だとか。

なお、DEETという成分を含む虫除けスプレーは毒性が強く、2歳以下の幼児には向きません。