ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

青あざがよく出るので心配。

2歳の女の子です。近ごろ、足(とくにひざから下)に青あざが目立つようになりました。
あざを押さえて痛がらないのも気になります。
私も人より青あざができやすいので、体質的なものでしょうか。(R.Y 26歳)

体質的なものでしょう。心配ありません。

青あざで、固まり状ではなく斑点(はんてん)状のものは「紫斑(しはん)」といわれ、皮下にできた出血斑のことです。
紫斑は、血小板の異常または、血管の抵抗性の異常によって起こります。
その原因にはいろいろなものがありますが、ごく一般的には次のとおりです。
まず、血小板の異常にともなうものとしては@特発性血小板減少性紫斑病、A症候性紫斑病(例えば、白血病や再生不良性貧血)、B質的血小板異常(肝疾患、尿毒症、白血病、骨髄腫、アスピリンなど薬剤の影響などによるもの)があります。

次に血管の障害により血管が破れやすくなって起こるものとしては@単純性紫斑病、A血管性紫斑病、B代謝性紫斑病(ビタミンC欠乏性)などがあります。

一般に、2歳ごろは運動が活発になるので、親が気付かないうちにあざができることもあるでしょう。
また、特別な出血性素因がなくても、軽い打撲でひざから下に青あざができることがあります。
この場合は、紫斑を押さえても痛みがなく、固まり状でもなく、太ももや腹部に紫斑がでていなければ、前述の「単純性紫斑病」である場合がほとんど。毛細血管の抵抗性が少し弱いために、少しの外力で紫斑が起きやすいとされています。
一般的に、この症状は女子に見られることが多く、体質が遺伝することもしばしばあります。

質問でも、お母さんにこのような症状があるとのこと。おそらく体質的なものでしょう。
外見上、青あざが気になるほかに異常がないので、経過をみて差し支えないものと考えます。
ただし、外力の程度に比較して出血が強すぎたり、日常あまり外力を受けない場所(腹部や太ももなど)の紫斑は注意が必要です。