ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

母乳で育てたいけれどダイオキシン問題が心配。

現在9か月の妊婦です。出産後は母乳で育てたいと思っていますが、今マスコミなどでもとりあげられているダイオキシン問題が心配です。母乳育児は安全ですか?また、自分の母乳中のダイオキシンを測定する方法がありますか。(E.K30歳)

諸説あるが母乳が優れていることは確か。

母乳を与えるか否かについては、ダイオキシンの研究者の意見もさまざまです。
危険性はあるいいながら判然とした指示は出されず、いろいろなデータを表示して後は親の判断に任せるとか、生後3か月までは母乳を与えて、後はミルク(人口栄養)にするという折衷案的なもの、また、長い人生からみてお乳を飲む期間はわずかなので、母乳は与えるが、その後の食生活には十分に配慮するなどです。

ご質問の方は母乳で育てたいとのこと。これはとてもよい考えだと思います。
それは赤ちゃんにとって母乳ほど完璧な栄養はないからです。
どのように優れた人工栄養も基本的には牛乳なので、成分的にも母乳とは大変な開きがあります。
母乳は消化吸収もよく、感染を抑制する因子や免疫物質を含んでいます。
アレルギー発症の頻度も、ミルクと比較すると少ないし、何より母乳を飲むことでスキンシップがはかれ、母親に対する信頼と心の安定を保つことができます。

WHO(世界保健機関)も母乳中にダイオキシン類が含まれていると認めているものの、母乳育児を推進する見解を示しています。
また、厚生省の乳幼児突然死症候群研究班の報告では、原因不明の突然死は母乳栄養に比べると人工栄養児に多くみられるとのこと。これはダイオキシン問題と違って、直接死につながることだとして、この点からも母乳育児を勧めています。

なお、現在、広島県では大気・土壌・水質についてダイオキシン検査を行っている所はありますが、母乳中のダイオキシンを測定してくれる所はありません。