ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

足の爪がスプーン状ですが甲状腺の病気?

2歳9か月の男の子です。両足の特に親指の爪(つめ)がスプーン状にへこんでいます。
以前、テレビでこのような爪は「甲状腺(こうじょうせん)の病気が疑われる。」と放送していましたが・・・。

特有の症状がなければ生理的なもの。問題ありません。

爪が反り返って中央部がへこみ、両端が上を向くようになった状態を、ちょうどスプーンの形に似ていることから「スプーン爪」と呼びます。この爪になるのは、病気がある場合と病気とは全く関係のない生理的な場合があります。
病的なものとしては、低色素性貧血や甲状腺機能亢進(こうしん)症が考えられます。

まず低色素性貧血ですが、これの多くは鉄分の不足によって起こります。
身体発育の著しい乳幼児期にバランスの悪い食事をすると、鉄分の摂取が不充分で貧血が起こります。
症状としては身体がだるい、食欲がない、顔色が悪い、不機嫌で疲れやすいなど。

一方、甲状腺機能亢進症は乳幼児期には極めて少ないといえます。
症状は多汗、食欲はあるのに体重が増えない、脈拍数が多く心臓がドキドキするなど、甲状腺がはれていたり、手指がふるえることも。 これらのような症状があれば、専門医での受診が必要となります。

しかし多くの場合は生理的な理由によるものでしょう。
個人差はありますが、乳幼児の爪は非常にうすいので外力によって変化しやすく、特に足の指は強く歩くと爪にも外力が働き、薄い爪がスプーン状になりやすいのです。
2歳ごろになると走り回ったり、階段を一段ごとに足をそろえて昇降することも出来るようになります。
また、両足でピョンピョン飛んだり足の指を使って運動も盛んになる時期。
特に母趾(ぼし=足の親指)は身体のバランスをとる上でも外力を受けやすいので、スプーン爪になりやすいといえます。
この場合は、成長とともに爪が固くなり、自然にもとの状態に戻るので心配ありません。