ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

様子を見ようと診断されたが、よく鼻血が出るので心配

1歳7か月の女の子です。鼻血がよく出るので耳鼻科にいったところ、「粘膜が弱いせいです。様子を見ましょう」とのことでした。でもその後も、朝起きたらパジャマが血だらけになっていたり、普段も何もしていないのによく鼻血が出るので心配です。アドバイスをお願いします。

現状は問題なしということ。じき自然に治ることも。

鼻の入り口の近くの粘膜(キーゼルバッハの部位)には毛細血管が多く、この部位が何らかの刺激を受けて、ご質問のような鼻出血が見られることがあります。
すでに耳鼻科で診@を受けられ、「粘膜が弱いせいだから様qをみよう」と言われていますので、お子さんの場合、現状は問題ないということだと思います。つまり、経過を見ているうちにいつのまにか治ることもあるので、そう診断されたものと考えます。
ただし、昼間も鼻出血があるということですから、お母さんが安心する意味でも、引き続き経過を診ていただいた方がよいでしょう。

お母さんを脅かすようですが、様子をみているうちに、だんだん病気の状態がはっきりしてくることもあります。例えば、鼻出血の原因が鼻炎やアレルギー性鼻炎、副鼻腔(ふくびくう)炎や局所のブドウ球菌感染、先天性の毛細血管拡張症などいうこともあります。
そのほかにも、たびたび鼻出血があってなかなかとまらない時は、血友病のように血液の凝固に異常がある場合もありますし、体のあちらこちらに皮下出血が見られ、鼻出血を伴う場合は、血小板減少性紫斑(しはん)病といって、血液の凝固に関係ある血小板が減少している場合も、また鼻出血や体中に皮下出血があり、さらに顔色が悪い場合は、白血病や再生不良性貧血ということも考えられます。
このような状態の場合は、小児科の受診が必要となりますので、鼻出血の場合は体に皮下出血があるか否かのチェックも大切です。