ホーム  トップ   前ページ  次ページ  

左手をよく使うが右利きに直した方がいい?

2歳の男の子。スプーンやクレヨンを左手で持ちたがり、実際左手の方が器用に動くようです。
このままでは不便なこともあるので直したいのですが、無理強いすると心理的によくないのでは。。
また、何でも自分でやりたがる時期で、右手に持たせようとすると嫌がって途中でやめてしまうことも。
どうすればよいでしょうか。

利き手が決まるのは4〜5歳ごろ。無理強いせず経過を見守って。

少し難しくなりますが、「利き手」の定義は、「新しい仕事に着手するときに好んで用いる側の手」、または「最も繊細で正確な仕事をするときに用いる側の手」とされています。
ただし、この定義はある程度成長してから用いられるもの。

幼少時には、次のようなことから「利き手」を判断します。
 1)ボール投げをする時
 2)字や絵を描く時
 3)はさみを使って紙などを切る時
 4)スプーンやはしを使う時
 5)時計のネジなどを巻く時
生後7か月頃までは、好んで使う手が左右どちらでも、まだ利き手とは決めかねます。
2歳ごろにははっきりしてくる物の、多少両手利きの傾向がある子もいます。
利き手が完全に固定するのは4〜5歳です。

お子さんの場合は、スプーンやクレヨンを使う時左手を使用し、右手に持たせようと嫌がるので、左利きの傾向があると言えるでしょう。

一般的に、右利きの割合は88〜96%で、左利きより頻度が高いのは事実。
昔、わが国では左利きのこどもたちが字を書いたり、はしを使う時は右手を使うように強制した時もありました。
しかし、現在では無理やり右利きにすることはすすめられていません。
将来左利きであっても、そのことによって「いじめ」あうことはありません。
また、日常生活に不便なことはありません。
お母さんはよくわかっておられるようですが、ご指摘の通り、お子さんに過度の緊張やこころの発達に影響することも。
自然にまかせてこどもの発達の経過を見るのがよいと思います。