ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

1歳8か月の男の子。そろそろトイレを教えようかと思うが

1歳8か月の男の子です。先日、うんちを教えるようになりました。トイレトレーニングは2歳ごろからと思っていたのですがトイレを教えるようになったのがチャンスですか。最適な時期とトレーニングのすすめ方について教えて下さい。

2歳ごろから開始。失敗してもしからずに、ミルクのみ人形で排尿方法を教えても

1歳8か月でうんちを教えるようになったのは、トイレトレーニングを始めるチャンスといえます。
このころになると、一度に大量の排尿をするようになり、2〜3時間はオムツをぬらさなくなります。手先も器用になり、部屋の中も自由に歩き回れるし、親の指示をよく理解を示すようになるので、時期的にもトレーニング開始適齢期といえます。

排尿のサインとして何らかの素振りを見せるようになったら、オマル(またはトイレの補助便座)で排尿をうながします。
最初は、間に合わずおもらしすることが多いものですが、決してしからないように。気持ちよくオムツを替えてあげましょう。
逆に、成功したときはほめて、勇気づけてください。また、排尿するまでは・・・とオマルに長い間座らせていると、こどもがトイレ嫌いになりかねないのでよくありません。

トレーニングを繰り返すうち、個人差はありますが2歳ごろには自分からお母さんに知らせるようになり、失敗も少なくなります。2歳半ごろには、自分でパンツをおろしてトイレに行けるようになり、3歳を過ぎると夜尿(おねしょ)も少なくなってきます。
こどもは生理の発達で、自然に排尿の自律ができるようになります。
しかし、親は排尿時、トイレという密室で行うので、こどもはその能力があっても、具体的な方法や順序がわからないことが多いもの。ですから、親が実際に排尿方法を見せたり、パンツをはいたミルクのみ人形(ミルクを飲むと排尿する人形)で、教えるのも一手です。