ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

欲しがるだけミルクを与えてもいい?

生後2か月の男の子です。母乳が出ずミルクで育てています。母乳は赤ちゃんが欲しがる時に飲みたいだけ飲ませていいと聞きましたが、ミルクの場合はどうでしょうか。
泣いても、ミルクを与えるといい子になるのでついつい与えてしまいます。(S.M)

乳児固有のリズムに合わせて授乳してOK

母乳でも人工栄養でも、授乳の時間を決めて規則正しく与える「規則授乳」という方法があります。昔のドイツの授乳法なのですが、かっては日本でもこの方法がすすめられていました。
またアメリカでも、授乳の時間割を大変厳格に守って乳児を育てた時代もありました。
例えば、生まれた時に3キロ位の体重があれば、午前6時、10時、午後2時、6時、10時、夜中の2時に授乳する・・・という具合。しかし、これらは赤ちゃんの個性を無視しているという反省もあり、あまり使われなくなっています。

現在は母乳でも人工授乳でも、「自律授乳(自己要求授乳、自己調節授乳)」といわれる方法が一般的です。
これは、授乳間隔や回数は、乳児が欲しがる時に欲しいだけ与えようというもの。乳児固有の生活リズムや哺(ほ)乳リズムに合わせて授乳する---つまり、乳児が空腹時に授乳できるので生理的です。現状ではこの方法が最も望ましいと考えられています。

ただ、授乳間隔の目安は、お母さんも関心があるでしょうから、参考までに。
乳児の月齢や体重、ほ乳力などに個人差がありますが、一般的に、生後1か月ぐらいまで乳児の欲求にまかせて飲ませていると、2〜3か月後には自然に哺乳間隔が3時間半〜4時間と決まってきて、夜もぐっすり眠るようになるものです。
そして、3か月ごろには4時間おきにが多くなります。とはいえ、30分から1時間ぐらい前後しても全く差し支えありません。