ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

1歳を過ぎて再び夜泣きが....、何をしても泣きやみません。

1歳7か月の男の子です。6〜10か月のころ夜泣きがありましたが、1歳をすぎて再び夜3〜4回
起きるように。ここ2か月は、何をしても1時間ぐらい泣きやまなくなりました。毎日のことなどでとても深刻です。
夜泣きは1歳過ぎにはなくなるのでは?自然に治るものでしょうか。(匿名希望)

不安、甘え、温度など原因はいろいろ。いずれは泣きやむと考えて気を楽に。

「夜泣き」とは、夜間発作的に泣くこと。それが何回となく繰り返される場合もあります。一般的には、生後6か月〜11か月頃に多く1歳過ぎには少なくなりますが、3歳ぐらいまでみられる場合も。
ご質問の場合も、一時はなくなっていますが、1歳を過ぎて再び夜泣きをするようになったものと考えられます。

泣く回数は一晩に1回が最も多く、次いで2回、3回ですが、5回以上の場合も。原因は、暗やみで目覚めて不安になる、甘える、寂しい、季節の変わり目で寒い・暑いなど環境温度の影響、ふとんが重い、周囲がうるさい、日中の刺激や興奮で夜夢を見る、日中の運動不足、筋肉疲労(起立や歩行開始などによる)、空腹で目覚めるなどいろいろです。

思い当たる原因があればそれを取り除けばよいのですが、これといった理由がみつからない場合がおおいもの。その対処法もさまざまです。欧米では疲れて泣きやむまで泣かせる方法が一般的でしたが、最近ではもっと人道的な方法で臨機応変に対応するべきではとの考えになっています。一方、わが国ではおむつを替えたり、体をゆする、背中をさする、軽くたたく、抱く、あやす、添い寝をするなど。

いずれにしても、何か障害があって泣く赤ちゃんはほとんどいません。泣いてもいらいらする必要はなく、成長の過程によくあること、いずれは泣きやむと気楽に考えて対処してください。