ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

お乳がないと眠らない。断乳に向けよい方法は?

1歳の男の子。オッパイがないと昼も夜も眠れず困っています。食事もよく食べるので、お腹がすいているのではなさそう。2度与えずにいたら30〜40分激しく泣いて寝たのでかわいそうです。断乳に向けよい方法はありませんか。(T.S 31歳)

断乳に決まった時期はありません。あせらず自然に卒業するのを待って。

母乳をやめる時期は離乳食が完了する1歳ごろが適当だという考え方は確かにあります。このころにはいろんな食物に興味を持ち、体の働きも活発になるなど知的興味も増してくるので、ほかへの気分転換をしながら断乳すると成功しやすいことも事実です。しかし、逆に自分の意志もはっきりして母乳に愛着を感じるので断乳が難しい例もあります。

しかし、断乳は絶対にこの時期ということはありません。また、母乳をいつまでも飲んでいるとダメな人間になると思っているお母さんも多いようですが、そんなこともありません。実際に2歳すぎても母乳を与えている人もいます。小児科医の中ではよく知られている話ですが、川崎病を発見した世界的に有名な川崎博士は、小学校に行っても母乳を飲んでいたといいます。

ご質問の例は食事もよく食べているので、前述のように気分転換をはかりながら自然に卒業するのを待ってよいでしょう。ただ、個々の家庭の事情ー例えば、次に弟・妹が生まれる、母乳の出がわるい、離乳食をあまり食べない、母親の職場復帰、母親の人生観などにもよるので、断乳の時期もそれぞれに応じて決めて下さい。

断乳をしたら、最低3日間は泣かれる覚悟が必要です。その時は語りかけたり、あやしたりしましょう。一度で成功する場合もありますが、母親の優しさと赤ちゃんがかわいそうという気持ちから失敗を繰り返すことも。いずれにしても、あまり神経質にならないよう、ご自分の方法であせらずにがんばって下さい。