ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

機嫌がよくても悪くてもよく大声を出します。

1歳6か月の男の子。最近、機嫌が悪い時だけでなく、いい時でもキーキー声が出ます。ニコニコと機嫌がいいように見える時でも、いがるように「あ〜っ」と叫ぶのです。本人はいい子にしているので怒るわけにもいかず、どう対処すべきか悩んでいます。アドバイスを。(K・S28歳)

うまく自己表現ができないため子供の視点に立って対応を。

子供の心には独自の「認識の世界」があります。例えば、レストランで居合わせた子供がぐずっていると、私たち大人は不愉快な気分になることがあります。しかし、理由もなくぐずっているのではなく、子供には子供の理由があるのです。
ですから、私たちも視点を変えて、子供にとって今の世界はどのように映っているのかとか、なぜキーキー声を出しているのかを考えてみることが必要です。

子どもは1歳ごろになると意味ある言葉、例えば「ワンワン」、「バイバイ」、「マンマ」などを言い始めます。そして1歳半ごろには、ある程度親の言うことを理解できるようになりますが、表現できる言葉の数は限られています。つまり、まだ自分自身のいろいろな欲求や親に理解してほしいことをうまく表現できないので、ご質問のような「声」が出るものと考えられます。

機嫌がよくて「あー」という時は、子どもの気持ちをできるだけ理解してあげてください。その時、自動車のおもちゃを見ていれば「自動車ね」と語りかけながら取ってあげます。機嫌が悪くて「キー」という時は、自分の欲求が通らず不満ということもあるでしょう。そういう時は気分転換を。いつも親子二人で家にいるのはお互い息がつまるものです。公園で子供たちが遊んでいるところに連れていったり、ハトが飛ぶ姿や犬や猫、自動車や電車、野山の緑や川の流れを見せたり、買い物に行くのも欲求不満を解消するによい方法といえます。
2歳を過ぎて言語表現が豊かになるとこのような状態は少なくなるものです。