ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

水ぼうそうをして以来、キズやできものがとびひします。

生後1歳の女の子です。11か月の頃水ぼうそうになって以来、体にキズやできものができると、とびひしてブツブツができます。一度なにかの原因でとびひができるとなかなか治らないものでしょうか。
(E・S 28歳)

一度できたとびひを十分に治療しないと皮膚の表面に細菌が残り再発の原因に。

「とびひ」は医学病名としては「伝染性膿痂疹(のうかしん)」と呼ばれています。一般的には高温多湿になりやすい5〜6月ごろから夏にかけて多いものですが、最近は冬でも見られるようになっています。年齢的には、皮膚の抵抗力が弱い乳幼児期から学童期が多いようです。

とびひの原因は細菌(化膿菌)による皮膚の感染症です。その種類としては、黄色ブドウ球菌が97%くらいで、残り2〜3%が溶連菌(ようれんきん)。これらの化膿菌は健康な皮膚には感染しませんが、切り傷、すり傷、かき傷、あせも、アトピー性皮膚炎などで皮膚の抵抗力が弱くなっていると感染します。

感染すると赤い斑(はん)点となりますが、やがて薄い水疱(すいほう=水ぶくれ)ができてかゆくなります。かくと水疱の中の細菌が指につき、その指でほかのところをかくとまたそこにも水疱が・・・という具合に次々できていきます。これがとびひです。

ご質問のケースは、水ぼうそうにかかり、しばらく入浴もできなかったために皮膚が不潔になり、その後とびひにかかったものと思われます。
一度とびひになり十分に治療しないと、健康で正常に見える皮膚でも、皮膚の表面にいつでも発病できるだけ細菌量があります。このような状態で傷などができるとすぐにとびひになるのです。

したがって、とびひになった時は医師の指示により抗生物質を服用して完全に治療することが大切。中途半端な治療が再発の原因になります。また、完全に治った後も毎日入浴して石けんでよく洗い、いつも皮膚を清潔にしておくことです。