ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

寝ぐずりがひどく寝るまで1時間ぐらい悪戦苦闘です。

生後7か月の男の子です。昼夜問わず、眠くなると機嫌が悪くあばれ回るので、寝つくまで1時間ぐらい悪戦苦闘。なにか理由があるのでしょうか。(M.O)

寝入りばなの不安が原因、気長に優しい気持ちでつきあって。。。

生後7か月ごろになると体の動きが活発になり、同時に知的発達も進んできます。外出の機会も多くなり、いろんな人にあやされ多くの刺激を受けるとともに乳児の知恵もついてくるころです。
このような神経的な刺激が興奮する原因となって、「寝ぐずり」を起こすことがあります。

また、乳児は寝入りばなにとても不安な気持ちになり、安定した母親像を必要としています。ベッドに一人にされることを拒否し、母と一緒にいたいと求めて寝ぐずりを起こすことも。母親の腕がないと安心して眠らないこともありますし、抱っこしないとダメという場合もあります。
もちろん、乳児が睡眠に入る状態には個人差があります。ほとんどは全く問題なく眠る場合が多いものです。 
昔、アメリカなどでは乳児をベッドに入れて優しく、しかしはっきりした態度で「おやすみ」と言い、部屋を出たら絶対に戻らないというやり方をした時代もありました。しかし、最近は赤ちゃんが不安な状態の時に放置しておくのは心の発達にも良い影響を与えないとされ、このような方法をとる人は少なくなりました。
お母さん自身にストレスがたまりイライラする気持ちはよくわかりますが、発想を変え、この子には今、私が必要なんだと思ってください。気長に優しい気持ちで、抱いたりあやしたりして付き合ってあげましょう。寝ぐずりは、長い一生の間でごくごく短い期間のことで、一歳までには見られなくなります。