ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

トイレトレーニングがうまくいきません

1歳7か月の男の子です。紙おむつはぬれた感じがしないので、おむつの取れるのが遅れると聞きました。そのせいか、トイレに誘うと「ない」と言うのに、その後もおもらしししてしまいます。(Y・K)

時期がくれば自立します。あせらないで。

布おむつでは、子供が排泄(はいせつ)すると親がすぐ対応しますが、紙の場合はついつい手抜きをしがちです。つまり、便利な紙おむつを使用した結果、親が手抜き育児をすることが問題で、紙おむつを使用すると排泄の自立が遅れるということではありません。

普通、大人は排泄するとき、トイレという密室で行うため、子供にはその具体的な方法が分かりません。アメリカのアズリン博士らは、ミルク飲み人形を使って、子供に具体的な排泄の順序を示し、排泄の自立をうながすのに成功しています。(著書「1日でおむつがはずせる」より)。

排泄の自立の時期は、子供によって差があります。年齢的には、1歳半から2歳ごろ。
自立のめやすとしては以下の通りです。
@ぼうこうの働きが十分になり、一度に大量の尿が排泄できるようになる。(2時間くらいおむつをぬらさない)。
A部屋の中を自由に歩くことができる。
B親の言うことを理解し、指示に従うことができる。

発達の順序としては、最初は排尿後、つまりおもらしした後に親に知らせるものです。したがって、お子さんの場合、かなり自立の方向に近づいていると考えられます。成功した時はほめ、失敗してもしからないようにしたいものです。

個人差はあっても、子供もやがて自立するということを理解すると、自然に子供への接し方も変わり、子供もリラックスして、自分から排泄行動に移る力が芽生えるようになります。