ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

あおむけに寝にすると大泣き。

生後2ヶ月の女の子です。あおむけ寝にするとひきつったように大泣きします。「モロー反射が強い」と言われました。このままうつぶせ寝で育ててもよいでしょうか。(Y・K)

生後間もない赤ちゃんによくあること。しかし、できるだけあおむけ寝に。

「モロー反射」とは、あおむけ寝にするときによく見られる反射です。物音に驚いたり、枕元をたたいたて音を出すと、急に手をあげてあたかも物にしがみつくような動作をしたりします。これらは、赤ちゃんの神経が未熟な時に見られますが、その発達とともに4ヶ月までにはなくなるものです。

したがって、もう少し様子をみてよいでしょう。赤ちゃんはうまれてすぐから原因のはっきりしない長泣きをしたり、ひどくぐずついたりすることがあります。このことについてスポック博士は、「このような症状はよくあり発育に影響なく、ほとんど3ヶ月くらいまでに治るもの。取り扱いを穏やかにし、静かな部屋で寝かせたり、他人に会わせないようにすること」と述べています。つまり3ヶ月まで待てということです。これも一方法ですが、親の苦労は大変でしょう。

最近うつぶせ寝と乳児突然死症候群の関係が指摘されてきました。はっきりした原因ではありませんが、できればうつぶせ寝をしない方がいいのではないかという勧告が出ています。何らかの理由や病気のため、医師からうつぶせ寝を指示されていれば別ですが、なるべくうつぶせ寝の習慣を作らない方がよろしいと思います。
そこで、あおむけ寝すると大泣きする赤ちゃんはスポック博士の述べたようなことに注意したり、上半身を30度くらい高くして、タオルなどで上半身を包み込むようにして寝かせるなど工夫をされるといよいでしょう。

どうしてもうつぶせ寝ではだめという場合は、次のような注意が必要です。
必ず硬いふとんを使う、シーツはピンとはる、枕を使用しない、ベットに何も置かない、ベビー服の袖や足もとは短めにしボタンは後か横につける、赤ちゃんをよく観察する、部屋の温度を赤ちゃんが薄着で過ごせる程度に保つなどです。そして、3、4か月ごろから出来るだけあおむけ寝の習慣をつくりましょう。