ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

離乳食などにハチミツを用いない方が良いのはなぜ?

生後3か月の男の子がいます。先日、離乳食にハチミツを用いない方が良いと知りましたが、どうしてでしょうか。詳しく教えてください。(H・T)

ボツリヌス菌という乳児に良くない菌の胞子を含んでいることがあるため。

昭和51年に米国カリフォルニア州で、乳児ボツリヌス症が発見されて、昭和53年には、ハチミツをベビーフード、牛乳などに入れないように指示されました。
日本でも、昭和62年に厚生省から、1歳未満の乳児にハチミツを与えないようにするという通達が、各都道府県に出されました。その理由について、少し詳しく説明いたします。

乳児ボツリヌス症は、便秘で始まり、哺乳力や泣き声が弱くなり、口の中にだ液がたまります。次第に全身の筋肉の緊張が低下し、やがて著しい脱力状態になります。そのため突然無呼吸になることも。死亡率は3%ですが、死亡することがあるのが問題です。  
このような症状の患者さんの便からボツリヌス菌や毒素が発見され、摂取した食品を検査した結果、ハチミツとの関係がわかってきました。

ハチミツには、検査したものの一部(5〜10%)にボツリヌス菌の芽胞(がほう=胞子)が見つかっています。人の腸内には、体に有利に働くいろいろな細菌がたくさんいます。

1歳以上の小児、大人はボツリヌス菌の芽胞が腸内に入っても、それを殺す細菌がいますが、1歳未満の乳児ではそれがまだ増えていません。それで1歳未満、特に6か月以内の乳児がボツリヌス菌の芽胞を含んだハチミツを食べると、腸の中で芽胞から菌が増殖して毒素を出すようになり、これが神経や筋肉をおかし、前述のような症状が起こるのです。このため1歳未満の乳児にハチミツを与えることは不適当なのです。