ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

泣くとでべそになるのですが、ほっておいてもよいでしょうか。

生後2ヶ月の男の子です。泣くとでべそになります。押さえるとグルグルと音がして元に戻りますが、ほっておいても良いのでしょうか。(A・M 24歳)

臍ヘルニアは多くの場合2歳までに自然に治ります。

赤ちゃんの臍(へそ)の緒がとれると臍の輪がすぐにふさがってきますが、閉じないときは臍ヘルニアとなります。ヘルニアとは脱腸のことです。臍の輪が開いているので、そこから腸が出てきて、その分だけ臍の皮膚が膨れてきます。 臍ヘルニアの状態がはっきりするのは、生後2〜3週間くらいからです。特に泣いたり、息んだり、便秘をした時などは、腹圧が高くなりピンポン玉のように膨らむこともあります。

臍ヘルニアの膨らむ大きさは、臍の輪の直径が大きいほど、また、腹圧が加わるほど大きくなります。膨らんだ臍ヘルニアを押さえるとグルグルと音がするとのことですが、これは腸の内容物を押さえたときに出る音で、医学的にはグル音といっています。 

臍ヘルニアの治療として、昔は臍の上に絆創膏(ばんそうこう)を貼ったり、ガーゼで包んだコインの上から絆創膏を貼ることもありましたが、現在は行われていません。皮膚がかぶれたり、不潔になりやすく、ひどいときには皮膚炎を起こすことがあるからです。また、自然に治るのを遅らせるとも考えられています。

そして、臍ヘルニアは何もしないでも、1歳までに95%は自然に治りますし、多くの場合には2歳までに自然に治ります。 2歳を過ぎても治らないで、ヘルニアが大きい場合は手術を行います。また、巨大な臍ヘルニアが自然に治った後、臍の部分の皮膚がゆるむことにより形が悪くなることもありますが、この場合は形成外科で形を整えることもあります。