ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

赤ちゃんが嘔吐や下痢をする病気とは?

 7ヶ月の男の子の母親です。赤ちゃんが冬場によく吐いたり、白っぽい下痢便を出したりする事があると聞きますが、これはどのような病気なのでしょうか。(24歳 T・S)

「乳児嘔吐下痢症」と呼ばれる病気です。

 この病気は「乳児嘔吐(おうと)下痢症」と呼ばれ、生後6ヶ月から2歳くらいまでに多い病気です。この病気にかかると、1日数回のひどい嘔吐と同時に、薄い黄色の便か米のとぎ汁のような白い下痢便が見られるようになります。 11月から3月にかけて、空気が乾燥し、気温の下がった時期に見られることが多いので「冬季下痢症」とか、白っぽい便が出るので「白色下痢症」ともいわれていましたが、医学の進歩とともに、病気の原因はロタウイルスというウイルスが腸に感染して起こるということがわかってきました。
 
下痢や嘔吐などの症状が起こってくると、赤ちゃんは機嫌が悪くなり、食欲もなくなってきます。 
この病気では嘔吐や下痢によって失われた水分や電解質の補給が大切なので、吐き気が治まったころを見計らってスプーン1杯くらいのイオン飲料を少しずつ与えます。食事は一時中断し、水分がとれるようになったら便の様子を見ながら離乳初期のような食事を与えます。一般に5〜7日程度で治ってきます。 

しかし、次々と吐いて下痢の回数も頻繁になると、おしっこの量が減ってきたり、皮膚が乾いてきたり、顔色が悪くぐったりしてきたりします。これを脱水症といい、体の水分と電解質が急速に失われた状態をいいます。この状態では点滴をし、食事療法と安静が必要になります。 このようにならないためにも早めに医師に相談するのが良いでしょう。