ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

好き嫌いが激しくて心配。偏食は治る?

生後1歳2ヶ月の女の子です。好き嫌いが激しいので、栄養面で心配です。偏食は治るでしょうか?

無理強いは禁物。楽しい食事を心がけて。

偏食は味覚が発達する1歳前後から5歳くらいまでによく見られます。日増しに知恵がつくころなので食べ物の好き嫌いが激しくなり、嫌いなものは口にしなくなることがあります。このような時はまず偏食が子供に悪い影響がないかを調べる必要があります。 
例えば、トマトが嫌いな場合、ミカンやほかの野菜なら食べられるとか、肉類を嫌がっても、魚は平気という具合に代替がきくならば、好き嫌いはだれしもあることですから栄養学的には問題はありません。
一番問題なのは、子供の好き嫌いが激しく、好きなものだけを食べて栄養のバランスを崩す場合です。物のない時代にはなかった偏食は食品の種類が豊富な時代ならではのものです。節度ある食生活を行い、子供の要求のまま不規則に与えないことも必要です。 

逆に何でも食べさせないといけないと、嫌がる子供の口に無理やり入れようとするのも問題です。このようなことは食事の楽しさを妨げ、食事そのものを嫌うようになります。 

偏食を治すには、嫌いな食品を目立たないように少量ずつ、ほかの食品に混ぜて自然に味に慣れさせる方法や、嫌いな食品を与えてみて嫌がったらやめ、数日後にまた同じことを繰り返す方法などがよいでしょう。ある日から急に食べるようになることもあります。 

いずれにしても、あまり神経質にならずに、楽しい食事を心がけるようにすることが大切です。そうすれば幼稚園に行くころまでには、ほとんど何でも食べられるようになるでしょう。