ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

生後6ヶ月前の赤ちゃんも風邪を引くの?

生後4ヶ月の男の子。先日、急に38度の熱を出し、風邪をひきました。生後6ヶ月頃までは赤ちゃんは風邪をひかないものと思っていましたが、やはり冷えたりすると、風邪をひくのでしょうか。暑い日が続くのでクーラーをつけたり消したりしています。(K・I)

感染する機会があればかぜにかかります。

生後6ヶ月頃までの赤ちゃんは風邪を引かないとよく聞きます。育児書にそう書かれていることもありますが、これは正しいとは言えません。生後6ヶ月頃までに赤ちゃんが胎盤を通し、母親からもらった免疫グロブリンで防げるのは、はしかやおたふく風邪ぐらいで、水ぼうそうも百日咳も風邪も生まれてすぐに感染します。 生後6ヶ月以前の赤ちゃんはあまり外出することもなく、感染の機会が少ないので風邪を引きにくいのです。

従って6ヶ月以前の赤ちゃんは、風邪や伝染する病気にかかっている人に近づけないようにし、人の多いところへの外出を少なくし、子供連れの人にはなるべく赤ちゃんと離しておくぐらいの注意が必要です。 

保育園に預けてから、よく風邪を引く子供がいますが、これは感染の機会が多いというごく単純な理由です。よく風邪を引く子は年に数回引くことも。原因はその80〜90%がビールスで少なくとも100種類以上の風邪の原因となるビールスがあります。赤ちゃんは感染症に対して処女地ですから感染機会があれば感染して発症します。
 
今年の夏の暑さは格別。乳児期は外気温が高いと、体温がやや高くなるので、クーラーの使用はやむを得ませんがつけたり消したりすると、外気温の暑さと冷えた室温にすぐに適応できないために、自律神経のバランスを崩しやすい原因となります。