ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

昼夜が逆転して困っています。生活リズムをまともにするには?

2ヶ月半の女の子。2ヶ月あたりから昼夜が逆転し、夜泣きをするようになりました。昼間はあやしていても寝てしまいます。ベットに慣れないからかと思い、添い寝をしましたが、反対に落ち着かない様子。おしめもぬれていないし、おなかもいっぱいなのに泣きます。放っておいてもいいのでしょうか。また生活のリズムをまともにするのに何かよい方法はありませんか。(K・S)

はっきりした原因がなければ、睡眠リズムの発達過程です。

 おしめもぬれていないし、おなかもいっぱいなのに、夜泣きをするとのことですが、季節的な原因として考えられるのは、寒さや暑さです。寒い時期には夜から朝にかけて気温が下がりますので、ひとり寝していると、寒さで泣くことがあります。このようなときは、添い寝をして母親の体温で温めるとよく寝ることがあります。
しかしお子さんの場合、そのようにしても何か落ち着かない様子ですので、ベビーベットに寝かせたら、一晩中、部屋の温度を23〜25℃(湿度は60%くらい)に保つとよいことがあります。これで眠るようになれば問題はありません。
 
そのようにしても夜泣きで親を困らせる場合があります。何も原因となるものが見られない夜泣きは、発育期に見られる生理的な症状で赤ちゃんの睡眠の形が次第に一定になってくる段階でしばしばみられることがあります。

大人の人間の生活では昼の活動と夜の安静が基本です。安静は睡眠という形で昼の疲れをとり、明日のエネルギーを蓄えます。しかし母体内の胎児には、この生体リズムがつくられていません。生後の育児環境の中で、次第に目覚めている時間が長くなり、睡眠は夜に行われるようになります。生後半月から1ヶ月までは乳を飲むと眠りから覚めて少し泣きますが、また乳を飲んだら静かに眠ります。昼の間に努めて回数を多く乳を飲ませるようにして、目覚める時間を多くしてやれば、次第に眠るようになるでしょう。