ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

くしゃみがよくでます。

生後7か月の女の子です。鼻水も熱もないのですが、何度もクシャミをします。寒いので室温管理には気を使っていますが、早めに受診したほうがいいですか。(J・H23歳)

赤ちゃんは鼻の粘膜が刺激に対して敏感なため。

まず、くしゃみのおきる原因について考えて見ます。
鼻の粘膜に何かの刺激が加わると、鼻粘膜の知覚神経を経て脳幹にあるくしゃみ中枢を刺激してくしゃみがおきます。 刺激の種類には種々の異物、寒気、化学物質(たとえば、刺激性の気体、フォルマリンなど)、粉末(こしょう、七味とうがらし)、アレルギー性(杉花粉、ダニ、ペットの毛)などがあります。寒気、ほこり、こしょうなどの吸入により一時的にくしゃみをする場合は、生理的反射によるもの。

ご質問の赤ちゃんのように月齢が低い場合、一般的に鼻の粘膜が刺激に対して敏感です。家のほこりで鼻粘膜が刺激されたり、ほこりが鼻粘膜にたまってはなくそになり、刺激になることも。また、室温管理に気を付けていても、冬の朝はかなり冷え込むことがあるので、これが刺激になります。
このようなくしゃみはこのまま様子をみていて差し支えないでしょう。
 
逆に病的なものとして、かぜウイルスによる急性鼻炎や、杉花粉症などによるアレルギー性鼻炎によるくしゃみがあります。 くしゃみと一緒に鼻水がでるときは要注意。咳や発熱を伴うときはかぜです。かぜから気管支炎、肺炎、中耳炎などになることもあるので早めに受診を。 

アレルギー性鼻炎は、この月齢の赤ちゃんにはあまりみられません。アレルギー体質のある子供の一部に2-3歳ころからみられます。くしゃみ、水のような鼻汁、鼻ずまりがあります。症状の出る時期はまちまちですが、季節の変わり目にしつこい鼻炎を起こすことが多いものです。