ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

ゼロゼロという原因は?

生後3か月の男の子です。授乳中、タンがからんだようにゼロゼロいうことがあります。かぜですか。せきはたまにはコホンとするぐらい。原因を教えてください。(H・K24歳)

喉(のど)の粘膜の分泌が多いためで1歳頃には治ります。

月齢の低い赤ちゃんが、母乳やミルクを飲むときにノドの粘膜がむくみやすくなり、とくに病気でもないのにゼロゼロいうことがあります。その原因はのどの粘膜からの分泌が多いため。このような状態でも赤ちゃんが機嫌よく乳もよく飲み、熱も平熱の範囲なら全く心配いりません。
 
赤ちゃんにも、よだれが多い、汗っかきなどの個人差があるように、ノドの粘膜の分泌が多い赤ちゃんもいるのです。ドイツ学派はそれを「浸出性体質」と表現します。 ポッチャリと小太り気味の赤ちゃんにみられることが多く、皮膚や粘膜が刺激にたいして敏感に反応しやすい体質です。 たとえば、虫に刺されると皮膚は赤く腫れやすく、湿疹にもなりやすい傾向があり、ノドや気管支の粘膜も、ちょっとした刺激で分泌が亢進しやすくなります。 このような体質は乳児期によく見られますが、1歳近くなると治ります。 

以上はゼロゼロいっても心配のない場合ですが、参考までに心配な状態についても述べておきましょう。 ゼロゼロと咳があるときは、喘息様気管支炎を、ゼロゼロと共に咳が強く、呼吸困難や熱があるときは肺炎を疑ってください。 また、熱はなくてもヒューヒューと肩で息をし、肋骨と肋骨の間がへこむような場合は気管支喘息です。 突然咳込み、息をするたびゼロゼロいうのは気管支異物の場合もあります。