ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

ひどい便秘。浣腸剤を使ってもいい?

生後7か月の女の子です。生後3か月ころから、3-4日に1度しかウンチが出ません。いつも元気で平気なようですが、4日出ないときは、綿棒を使って浣腸しています。便秘がひどい場合は、浣腸剤を使ってもいいでしょうか。(O・Y24歳)

浣腸剤も坐薬も癖になりません。

便秘は一般に3日以上排便が見られず、便の性質が硬くて水分も少なく、乾いた状態を言います。
便秘の原因は、たとえば栄養失調、貧血や甲状腺の働きが悪い場合と、巨大結腸症といって、直腸や結腸ぜん動運動を起こさせる神経が欠如して起こる場合と、特別な病気がなく、単に便秘する常習性便秘の場合があります。 
おたくのお子さんは常習性便秘と考えられます。この場合は、母乳やミルク、離乳食の与え方が適当か、哺乳力が良好で発育もよく、機嫌がよいかなどに気を付けます。

生後7か月は離乳食を2回与える時期ですが、消化の良いものばかり与えていると、腸を刺激しないことがあります。 腸を刺激して、ぜん動運動をよくする野菜を与えてください。例えばホウレン草、キャベツ、レタスを煮たり、おかゆに入れ与えたりします。みかん、ナシ、イチゴなどのよいでしょう。 

離乳食が進み、不消化のものも食べるようになれば正常な排便に。それまでは排便が3日以上ないときは、綿棒をつかってもいいですし、便が硬く肛門の内側の粘膜が破れ、切れることがあれば浣腸もよいでしょう。排便機能を促進させ、生理的な便通が得られる座薬の使用もよいと考えます。 

これらを使用すると、よく癖になるといいますが、そんなことは全くなく、離乳食から普通食になってくると、必ず自然な排便がみられるようになります。