ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

眠りが浅く泣いてばかりなのはなぜ?

生後1か月の子供を持つ親です。お乳を飲ませても、眠りが浅く泣いてばかり。ひょっとして「母乳不足では?」と心配しているのですが、大丈夫でしょうか。(M・F22歳)

生活環境の問題や母乳不足が考えられます。

第一に暑いとか寒いとか、室温が適当でない、布団が重い、やかましい音がするなどの環境の問題があります。
特に寒い冬では室温もかなり低くなるので、一人寝をしている赤ちゃんの室温は20-25度にし、湿度は60%ぐらいにすることが必要です。

第二に母乳不足により眠りが浅いこともあります。母乳が十分出ている場合は1回の哺乳時間は普通15分くらいです。1回の哺乳時間が長くなり30分を超える時や、無理に乳房を離すと泣く場合には母乳不足が考えられます。
母乳不足の場合には、授乳後1-2時間のうちに空腹を訴えて泣くことが多く、便の回数や量も少なくなります。そのため体重増加も悪くなり、機嫌も悪くよく眠らないこともあるようです。

また、授乳前後に乳児の体重を測定すれば、その差が哺乳量となり、3-4回測定すると平均哺乳量が分かります。生後1か月ぐらいなら1回の哺乳量は100-140mlです。
以上のことから母乳不足と考えられたら(特に乳房をなかなか離さないような時)、ミルクを飲むだけ与えてみます。それでよく眠るときには母乳不足であると判断できます。

母乳不足に関係なく夜泣きをして親を困らせるときには、乳児の睡眠が1つの軌道に乗っていく段階で見られる生理的な場合のことがあり、この状態が1歳まで続くこともあります。そのほか身体的な異常の有無に関しても一度医師に相談してみるのが良いと考えます。