ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

解熱剤をもっと使いたいのですが。

かぜで高熱が続いており、解熱剤の座薬が効きません。高熱で頭がどうにかならないか心配です。座薬を指定回数以上使ってはいけませんか。また、1歳ごろの平熱は何度くらいでしょう。(R・K29歳)

赤ちゃんの機嫌が良ければ使う必要ありません。

赤ちゃんがかぜにかかり発熱する原因の多くは、ウイルスや細菌の感染によるものです。ウイルスや細菌が体内にはいると、白血球などの体を守る物質がそれらと戦って発熱物質を作ります。それが、体温を調節する脳の視床下部(ししょうかぶ)に作用して発熱すると考えられています。つまり、ウイルスや細菌の体内での生存状況を悪くするため、生体の防衛反応として、熱が出ると考えられています。(発熱について詳しくはこちら

ですから、熱があっても赤ちゃんの機嫌が良ければ解熱剤を使う必要がありません。解熱剤は熱を下げる作用は持っていても、病気そのものを治す薬ではないのです。ウイルスや細菌の勢いがある間は解熱剤が効かないこともありますし、解熱剤で一時的に熱が下がってもその作用が切れればまたあがります。

高熱で脳への影響を心配されているようですが、かぜによる高熱が脳に害を及ぼすということはありません。脳炎や細菌性髄膜炎などの全く違った原因のものを混同されているように思います。脳炎や細菌性髄膜炎も初期症状に高熱がありますが、その他に機嫌が悪く、おう吐を伴い意識障害がみられます。したがって、一口に高熱といってもその原因によって治療が異なるのでかかりつけの医師の指示によって対処するのが良いでしょう。

1歳ごろの平熱は36.5〜37.3度くらいです。ただし個人差があるので、体温計、はかる時間、部位を一定にし、数日間の平均をとってみて下さい。体温は一日の間でも朝昼夜と変動しますので、大体○○度くらいとアバウトに知っておく程度でよいと思います。