ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

顔に湿疹が出ます。どうしたらいいの?

3か月の男の子。便秘のためか、目と頬の間、顔に赤い湿疹が出ます。黄色い汁が出ることも。生後1か月にならないうちに湿疹が悪化し、病院へ行ったことがあります。それからひどいときはステロイド剤を、創でもない場合は非ステロイド剤を塗るように。母乳が原因でしょうか。(K.K)

まず、石けんで顔を洗うことが大切です。

かゆみのことが書かれていませんので、乳児脂漏性皮膚炎かと思われます。乳児にみられる湿疹です。一般に人工栄養より母乳栄養の方が出やすいと言われ、母乳中のホルモンの影響もあるとされています。そうかといって母乳は赤ちゃんにとって最もよいものなので、やめる必要はありません。

この月齢の赤ちゃんは、皮膚の脂腺の分泌が多いと脂漏になり、それが痂皮(かひ−かさぶた)として付着すると、皮膚が刺激されて発赤します。それで新生児にきびを作っているのです。
皮膚はいつも外気に触れ、ほこり、垢、汗などで汚れています。発生を予防するには、脂腺の分泌が盛んになる生後3週頃から、石けんで顔を洗うとよいでしょう。指に薄く塗り、お湯できれいに洗い流してください。タオルで洗うと湿疹の出ている皮膚を刺激することになります。

便秘とのことですが、胃腸障害は湿疹を増悪させることも。便秘が長く続き湿疹が増悪するときは、排便を促すようにしましょう。またステロイド剤と非ステロイド剤を使われているとのことですが、これは必ず医師の指示に従って。
乳児脂漏性皮膚炎は治りやすい湿疹ですが、乳児アトピー性皮膚炎に発展することもあります。
いずれにしても、医師と相談しながら治療することが大切です。