ホーム  トップ   前ページ   次ページ  

身長の割に体重が多すぎるのですが...

生後7か月の女の子です。出生時3092g、身長49cmでした。1か月で4190g/53cm、3か月で6800g/60.4cm、5か月で8000gと太めですが発育曲線に沿って成長。ところが、6か月で9030g/66cm、7か月で9800g/67.5cmと体重だけずれ始めました。医師に相談した方がよいでしょうか。
食事は母乳を朝1回、晩1〜2回、昼は人工栄養を2〜3回(1回の分量200cc)。離乳食は昼と夜1回ずつで、2〜3日に1回,50ccの離乳食用ジュースを散歩後や、離乳食後に飲ませています。(K・S28歳)

太っているだけでは異常としません。

健康手帳の発育曲線に体重と身長の各月齢の計測値を点に取ると、身長に比較して体重の発育が大きくずれ、太りすぎているのが分かります。発育の評価方法にはカウプ指数もあります。カウプ指数とは体重を身長の2乗で割って10倍にしたものです。指数が20を越えると太りすぎと判定されます。
お子さんの場合、これでみると6か月で20.7、7か月で21.5と確かに太りすぎの傾向に。しかし、乳児は丸々と太っている赤ちゃんと表されるように太っているだけでは異常としません。見るからに太っていても、1歳を過ぎて歩き、運動も活発になると普通体型になっていくものです。
栄養法法も今のままでよいかと思われますが、離乳食後は相対的にミルク量は少なくなるため、離乳食後に1回の分量が200ccではやや多いかと思います。

ごく一部に肥満児に移行するものがあり、まれにホルモンの異常や神経系の病気の症状として肥満になることがありますが、ご質問のお子さんの場合、現在は異常のある肥満と考えられません。ただし、今後の経過を見て異常に太るようですと医師による相談の必要があります。