ホーム  トップ  次ページ

かんの虫がひどいのですが...

生後10か月の男の子です。このところよくキーキーと意味もなく大声を出したり、うまくいかないとおもちゃを投げたり、人並みはずれてひどいように思います。かんの虫でしょうか。(M・O35歳)

欲求をひょうげんすることができないため、散歩など気分転換を

個人差はありますが子供は発育・発達するにつれて快・不快を感じる幅が大きくなってきます。
しかし、月齢が低いと言語の発達がまだ十分でないため、それを言葉で表現し、親に分からせることができません。
いろいろな欲求があっても、それを理解してもらえない、つまり自分の思い通りにならないのでかんしゃくを起こし、「キーキー」と大声を出します。このような状態を俗に「かんの虫」と呼んでいます。
母親からすると意味もなく「キーキー」と言っているように見えますが、子供にとってはそれなりの理由があるわけです。
その傾向が強いのは個人差の問題で、その子が異常だというわけではありません。また、母親の愛情が不足しているために起こるわけではありません。自己主張の強い、活動的な子に起こりやすく、おとなしくのんびりしている子にはあまり起こらないようです。
1年を過ぎて、自分のしたいことや、して欲しいことを言葉や態度で表現できるようになってくると自然におさまってくるものです。いましばらく経過をみて差し支えないと考えます。
しかし、現実的にはお母さんが困るのはよく分かります。子どもは欲求に対していつまでもこだわることはないので、戸外に散歩に連れ出し、車の動きや野山、緑、川の流れ、犬、猫などをみせて気分転換をしてください。
「気分転換」はその場しのぎでしつけにならない。。。と考えがちですが、この時期の「かんの虫」はかんしゃくのもとをさらりと忘れさせることが大切でしつけのことは心配なさらないでよろしいと思います。