こどもが急に発病したら ホーム 



  このコーナーでは、
急に発病して急いで病院に
行くべきかどうかの判断について
  少し述べてみましょう。

小さな子が急に高い熱がでたら、
どこがどのように苦しいのかわかりません。
子育て名人のおばあちゃんもいなくて、
今どきのおじいちゃん、おばあちゃんも
オロオロするばかりです。

どうしてよいか分からず、
とりあえず真夜中でも救急病院や
かかりつけの病・医院に行くことになります。
心配そうなご家族の方で24時間救急室は
気の休まることはありません。

救急室の患者さんの約半数は
「救急とは思わないが、心配で、早くみてもらいたくて。。。」
「近く医者にかかっているが、もう一度。。」
「元気はあるが、この発疹はなんですか。。」
というようなことが来院理由です。
これは
特別なことではなくて、
全国の救急室の多くが同じような傾向です。

救急室は「コンビニ店」ではありません。
子どもの健康を守る「緊急安全健康基地」です。
ただちに診察、処置を要する苦しい患者さんのためにも
あまり心配ないような症状でしたら、
平日にかかりつけ医に受診してください。
救急車利用の1割は、安易な利用と言われています。1割は少なすぎる感じです。よっぽど目に余る事例でしょうか。救急室からみると、5〜6割は明日でもよい患者さんです。