喘息(ぜんそく)  ホーム 


米国心肺血液研究所、世界保健機構のワークショップ報告書の一部、患者向け小冊子「What You And Your Family Can Do About Asthma」の日本語版(三菱化学KK版、南福岡国療バージョン版)を参考としました。 作製に当たっては、国立療養所南福岡病院西間三馨、小田嶋博両先生に大変お世話になりました。
発刊年度は1995年ですが、喘息についての基本的なことは今でも変わりありません。

Q1 喘息とは...
気管支の過敏性のために、発作的にヒューヒュー、ゼーゼーと呼吸が苦しくなります。

Q2 原因は...
息の通り道である気道の過敏性が原因です。いろいろなアレルゲン(ダニ、家の埃、花粉、動物の毛やフケ、カビ、ソバや卵白などの食べ物、その他多数)や感染症、運動、心理的要因、大気汚染、煙、薬など沢山のものが喘息の要因にあげられています。これらの刺激によって、気管支の筋肉のけいれん収縮、気管支粘膜がむくみ、粘液の分泌が多くなって気管支の中にたくさん痰がでてきます。そして気道が狭くなり、喘息発作を繰り返します。

Q3 症状は...
咳とヒューヒュー、ゼーゼーと息が苦しくなります。喘息があると長年にわたり咳や、ゼーゼ、ヒューヒュー、胸が締め付けられるような胸の苦しさがあります。場合によっては発作はとても重症になります。喘息があると、咳込みや息苦しさのために夜、眠れないことがあります。赤ちゃんでは泣いて寝なかったり、不機嫌になります。

Q4 喘息発作の程度は...
小発作、中発作、大発作に分類されています。咳に関係なく、日常生活とヒューヒュー、ゼーゼーで判定します。

喘息発作の程度の種類は次のように分類されています。
小発作 日常生活普通。何となくヒューヒュー、ゼーゼー聞こえる。
本人は知らずに眠っている。食事、通園、通学可能。
中発作 ++ 日常生活障害。ヒューヒュー、ゼーゼーよく聞こえる。夜なら目を覚ます。
話しかければ返事はするが、あまり食事をとらず、動き回らぬ。
学校に行きたがらないが、無理をすれば行ける。病院へは行きたがる。
大発作 +++ 日常生活不能。ヒューヒュー、ゼーゼー著明。息苦しく床の上に起きあがって、座り込む。
話しかけても答えず、動こうともしない。


Q5 治療・予防は...
アレルゲンの除去、気管支拡張剤、去痰剤、抗アレルギー剤などがあります。慢性の病気ですから、根気よく治療が必要です。かぜにかからないように、乾布摩擦、薄着、水泳などで体を鍛練します。掃除、布団干しなど家屋内の環境もよくします。


Q6 喘息はなおりますか...
喘息という病気は体質や体調、環境、その他いろいろな因子が複雑ですから、完全に治癒しません。しかし、上手につき合い、この病気をコントロールする方法を身につければ、全く普通の生活が送れます。誰でも仕事をしたり、遊んだり、学校に行ったりすることができます。夜も安心になります。世界中どこでも、たくさんの喘息の人が普通に生活しています。

Q7 喘息をコントロールして、発作が起こらないようにするには....
喘息をコントロールできて、喘息発作が起こらないようにするには次のことが大切です。

  1. 喘息発作をおこすような原因となるものを遠ざけること(猫や犬がいけなければ、近づかない、飼わない)
  2. 医師のいうことをよく守って薬を使いましょう。
  3. 少なくとも年に2〜3回以上は医師の診察をうけて、病気の経過のチェックをしましょう。当分の間順調で発作がない人も定期的に受診しましょう。重症な人は、もっと頻回に診察を受けましょう。
  4. クスリや発作の自己管理を小学校時代からよく教えましょう。11歳までに自分の病気をよく知って自己管理させましょう。思春期になってからは両親や医師が一生懸命になっても難しくなります。


Q8 家族に喘息があり、赤ちゃんの時から気をつけたいのですが....
家族に喘息の人がいれば、赤ちゃんの時から発病しないように気をつけることができます。
次のようなことを守って下さい。

  1. 妊娠中には喫煙しないようにしましょう。
  2. 赤ちゃんをタバコの煙から遠ざけましょう。家の中では喫煙をさけるようにしましょう。
  3. 赤ちゃんの寝具はほこりのつかない特別のマットカバー(高密度繊維、合成繊維)や簡単に洗える布団類を使いましょう。
  4. 猫、犬、ハムスターなど有毛動物を家で飼わないこと。

Q9 喘息発作を誘発するものは...
喘息発作の引き金になる喘息の増悪因子はたくさんあります。

  1. 喘息にかかっている人の多くは動物の毛やフケに対してアレルギーがあります。動物を飼っている人は家の中で飼わないようにし、できれば人に譲りましょう。
  2. 家の中では禁煙、タバコをすわない。
  3. 強い香りのもの(香水のような石鹸、シャンプー、ローション)は使用してはいけません。お香をたくのも禁止です。


Q10  寝室の環境は...


Q11 ベット、シーツ類は...
ダニやほこりはマットレス、敷き布団、掛け布団、枕につきやすいものです。ほこりは喘息のほとんどのひとに対して有害です。


Q12 換気については...


Q13  以下のことは喘息の人がいないときにしましょう。

喘息にかかっている人が帰ってくる前に、屋内の空気をいれかえます。