このホームページは平成9年3月に舟入病院小児科の医師達により開設されました。
多くの方々に子どもの救急や一般の病気などについて知って戴きたいという願いで立ち上げたものです。
当時はまだ個人でのホームページは珍しい時でした。

コンピュータによる情報化時代となり、今では沢山のホームページがあります。舟入病院でも公式のホームページが別に開設されています。

そこで、「広島舟入こども救急室」と名前を変えて、リニューアルすることとしました。このホームページは広島市の公的なものではありません。名称は変わりましたが、コンセプトは以前と同じです。
こどもの病気のことについて、救急疾患を中心に述べようと思います。そのほかよくみられるこどもの病気などについてもお役に立てればよいと思います。

 広島市における小児救急は、広島市医師会、広島大学などと会議を重ね、1977年(昭和52年)舟入病院に小児科救急部門が設立され、本格的に診療活動が開始されました。
このように、広島市では、早くからこどもの時間外救急診療を24時間態勢で開始し、全国的にも注目されています。当時は休日や深夜に救急車で病院に行こうにもなかなか行き先が決まらず大変でした。

 昨今、小児救急は 1)採算性 2)非救急患者の増加 3)小児科医の不足と負担増 など全国的に大きな問題となっています。小児救急診療ができなくなった病院もあります。皆様と一緒に子どもの救急について考えていきたいと思います。

子どもの病気は、夜間などに、急に高熱などで発病しあわてることもあります。そのような場合でも、必ずしもすぐに受診する必要のない病気もあります。しかし、急いで受診が必要な病気も少なくはありません。
受診すべきかどうかを考える資料としてこのホームページがお役に立てば幸いです。


免責事項
このサイトは個人のサイトであり、このサイトで得た情報を利用することでいかなる不利益を得たとしても当サイトは一切の責任を負えません。テレビで流れる情報も新聞に掲載されている記事もラジオの放送もみな同じです。知り得た情報の選択はそれを見る人が取捨すべき問題であることをご理解お願い致します。
舟入病院に関するお問い合わせ、病気相談もご遠慮ください。